ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。

ランチェスター戦略研修

ランチェスター戦略を確立した故田岡信夫先生の時代から、多くの企業が学んできた伝統ある「ランチェスター戦略研修」。現在の標準版は特定非営利活動法人ランチェスター協会が策定しています。当社代表の福永は2005年より同協会の理事・研修部長(12年からは常務)として、その策定の責任者を務め、研修講師の育成も行っております。原理原則は普遍の真理ですが、時代の変化に対応し、最新の経営・マーケティングの理論や手法を取り入れて、5年ごとにバージョンアップしています。その福永が貴社に最適な内容にカスタマイズして企業内研修の講師を務めます。




研修の目的

~研修内容は貴社用にカスタマイズ~

当社のランチェスター戦略研修の目的は、受講者に戦略策定能力を習得していただき、実際に自社・自身の販売戦略・行動計画を策定していただくことにあります。戦略策定は事業のやり方やポジションなどで根本的に異なります。たとえば・・・

  • 業種(売りものの違い)、業態(売り方の違い)
  • 見込事業(あらかじめ見込で生産・仕入したものを販売する事業)か、受注事業(受注請負業)か
  • 生産材か、消費財か
  • 間接販売か、直接販売か
  • ルートセールスか、案件セールスか
  • 販売地域(特定地域か、全国展開か、グローバル展開か)
  • 経営規模(小か、中か、大か)
  • 市場地位(弱者か、強者か)
  • 市場時期(成長期か、成熟期か)

これらを踏まえなければ、戦略は策定できません。
従いまして、当社の研修は事前に打合せを行い、上記などの貴社の状況を踏まえた上で、受講者の職種・階層、研修目的に合わせて、最適な内容にカスタマイズして実施します。
研修の最後には「戦略策定ガイド」を行います。
経験豊富な福永本人が事前打合せから、当日の講師、アフターフォローまで一貫して担当します。
ランチェスター戦略を自社に合わせた形で導入したいなら、当社のランチェスター戦略研修をお奨めします。



豊富な研修実績

1.澤田経営道場
(H.I.Sグループ社員ほか、近い将来に経営者を目指す人が対象)

2015年、H.I.Sの澤田秀雄会長が次世代経営者の育成を目的に、澤田経営道場を開校されました。
私(福永)はランチェスター協会を通じて、道場の講師の一人となり、毎期六回の講座を担当しています。
澤田会長はH.I.Sの創業の頃(80年代)から、自社の戦略づくりにランチェスター戦略を活かして来られました。
次世代経営者にも、ランチェスター戦略を学ばせたいとの意向で、取り入れられました。
なお、私(福永)は澤田会長が再建されたハウステンボスで、再建に学ぶセミナーを会長とともに講師を務めたこともあり、拙著「ランチェスター戦略『小さなNo.1』企業」でも、事例研究としてハウステンボス再建を取り上げています。



2. 機械工具の直需商社
(ルートセールス+案件セールス、受注事業、中堅企業)

工場で必要とされる工具類をルートセールスする基盤のうえに、機械・設備類を案件セールスする会社。
取扱い品目が多岐にわたり、品目ごとにライバルも異なるため、顧客内シェアを把握しづらい業種です。
わからないからといって、わからないままにしていたら、いつまでもわからないままとなることから、仮説検証型のシェア把握につとめました。
仮説でも顧客の戦略的格付けはできますので、営業活動の最適化が進みました。



3. 印刷会社
(ルートセールス+案件セールス、受注事業、中堅企業)

印刷会社はルートセールスでありながら、案件ごとに提案・見積で受注・失注となる案件セールスでもあります。
ルートセールスの勘どころとなる顧客の戦略的格付けと、案件セールスの勘どころとなる案件進捗管理のやり方を導入しました。
また、御用聞き型の営業スタイルでは価格競争に陥りがちですので、提案型の営業スタイルに体質転換するためのメニューも研修に取り入れました。



4. 事務機の販売会社
(BtoB、案件セールス、受注事業、中堅企業と中小企業)

事務機の一次販売会社。直接ユーザーへ営業する部門は案件セールスの典型です。二次店を通じて営業する部門は基本的にはルートセールスですが、案件セールスを行う二次店のフォローもするため、案件セールスの側面があります。同じ会社でも、営業の勘どころが異なります。
また、営業テリトリーが決まっており、地域密着商法が有効な事業です。テリトリーを細分化し、重点地域を定め、ローラー調査を実施し、ターゲティングを行い、案件進捗管理を行う手法を導入しました。


ほかにも豊富な実績があります。
主な業務実績先をご参照ください。


ランチェスター戦略研修コース一覧

(1)ランチェスター戦略 2日間コース(16時間) 
ランチェスター戦略をマスターし、戦略策定能力を身につけたいならコレ。
研修の標準版。内容は打合せによりカスタマイズ
2日間研修(16時間)
ランチェスター戦略2日間コースの概要・スケジュールを確認する
計80万円/2日
(1日40万円)
(2)ランチェスター戦略 1日間コース(8時間) 
手軽にマスターし、戦略策定能力を身につけたいならコレ。
標準2日間を貴社の業種・業態、受講者の職種に応じて1日間に圧縮するコース。3種の標準型をもとに、内容はカスタマイズ
1日間研修(8時間)
ランチェスター戦略1日間コースの概要・スケジュールを確認する
40万円/1日
(3)ランチェスター戦略 2時間~4時間コース 
ランチェスター戦略を知りたいならコレ。
内容は打合せによりカスタマイズ
2時間~4時間研修
ランチェスター戦略2時間~4時間コースの概要・スケジュールを確認する
・25万円/2時間まで
・30万円/3時間まで
・35万円/4時間まで



研修・コンサルなどのメニュー一覧

カテゴリー
メニュー
コース
企業内研修 戦略策定コンサルつき研修
研修の目的と実績
ランチェスター戦略 完全定着コース
ランチェスター戦略 標準導入コース
ランチェスター戦略 速習導入コース
ランチェスター戦略研修
研修の目的と実績
  
ランチェスター戦略 2日間コース
ランチェスター戦略 1日間コース
ランチェスター戦略 2~4時間コース
ランチェスター戦略以外の研修
コンサルティング 中小企業経営者向け 簡易コンサルティング
本格コンサルティング
経営相談
講演 「小が大に勝つ」ランチェスター戦略
歴史に学ぶ戦略経営
その他(執筆・取材協力)



お問い合わせのその前に

以下のような問合せを多くいただいています。福永より直接回答いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 依頼するかどうかの検討段階・情報収集段階だが、一度、打合せをしたい。
  • わが社にマッチするかどうかを判断したいので、一度、打合せをしたい。
  • わが社と同業もしくは近い業界の実績があるのか、知りたい
  • コンサルティングか・研修か、そのなかのどのメニューが、わが社に合うのかを相談したい。
  • 講演会・イベントなど会期が決まっている案件で、日程が合うかどうか聞きたい。
  • こんなことは頼めるのか、できるのか、得意なのかを、確認したい

このような、まだどうなるかわからないが、知りたい・相談したいという段階での問合せも多いです。当社も内容や時期によってはお引き受けできないこともあります。
お互いさまですので、遠慮なくお問い合わせください。

相談内容

検討中のものがあればチェックしてください。(複数可)
 企業内研修
 コンサルティング
 経営相談
 講演
 その他(執筆・取材協力)

必須 お名前

フリガナ

必須 連絡先電話番号

 ※ 半角英数字で入力してください。 例)03-6261-3193

必須 会社名

部署名/役職

必須 e-mail

 ※ 半角英数字で入力してください。 例)sample@sengokue.jp

お問い合わせ内容

お気軽にお問い合わせください。
必須 個人情報の取り扱い 個人情報の取り扱いを表示する。