ランチェスターの法則とは何か、どのように学ぶべきか、実践するとどうなるのか。ランチェスター戦略コンサルタントが解りやすく解説します。

世界一わかりやすいランチェスター戦略の授業

事例は大企業中心。市場参入戦略が充実

先生と生徒の会話ストーリーでわかりやすい

単行本(ソフトカバー):240P
出版社:かんき出版 (2012/11/21)
本体価格:1,500円(税別)
アマゾンに「なか見!検索」
「カスタマーレビュー」あり

内容紹介

ソフトバンク、花王、パイロット、アサヒビール、トヨタ自動車、
日産自動車、H.I.S.、ユニ・チャーム、マニー、サントリー、
ハーレーダビッドソンジャパン、パナソニック、日清食品、
アシックス、アークス、カーブス、片岡物産……etc.

これらの企業に共通するのは、
「ランチェスター戦略」を実践していることだった!

ランチェスター戦略は、実は企業の経営戦略、事業戦略に
最も適した戦略です。
本書を読めば、現在の激しい企業間競争時代において、
最も実践的な競争戦略理論であることがわかります。

企業間競争においては「強いもの」が勝ちます。
ただし、どんな企業も戦い方しだいで「強いもの」に変身できます。
ランチェスター戦略は
「強さとは何か」「どうすれば強くなれるのか」
についての正しい答えを導き出してくれます。

本書は、日本企業の経営戦略の第一線で使われてきた
ランチェスター戦略を、豊富な企業の実践例を交えながら、
ランチェスター戦略専門家の先生と、
家電メーカーに勤める生徒の会話ストーリーを通して
楽しく深く学べます。

本の目次

CHAPTER01 ランチェスター戦略の目的はナンバーワン
1-1 利益はマーケット・シェアで決まる
1-2 ダントツを目指すナンバーワン主義
1-3 最終目標は、戦わずして勝つこと
1-4 ランチェスター戦略の全体像をつかむ

CHAPTER02 弱者の戦略、強者の戦略
2-1 戦いの原理とランチェスター第一法則
2-2 ランチェスター第二法則と勝ち方の原則
2-3 質的な経営資源と量的な経営資源
2-4 弱者の差別化戦略と5大戦法
2-5 強者のミート戦略と5大戦法
2-6 弱者と強者の定義~2位は弱者である
2-7 差別化戦略をどう実行するか
2-8 一点集中主義の戦い方
2-9 ランチェスター戦略を、コトラー、ポーターの理論と比較する

CHAPTER03 マーケット・シェアを科学する
3-1 すべての判断基準はマーケット・シェアである
3-2 上限目標値73.9%、安定目標値41.7%、下限目標値26.1%
3-3 安定目標値41.7%と下限目標値26.1%
3-4 中間目標値を構成する「4つの目標値」
3-5 競争パターンで分類される「シェアの4類型」
3-6 自社と他社のシェアをどう調べるか

CHAPTER04 市場参入戦略
4-1 グー・パー・チョキの市場参入戦略
4-2 導入期にとるグーの戦略
4-3 成長期にとるパーの戦略
4-4 後発が参入してくる3つの時期
4-5 成熟期にとるチョキの戦略
4-6 イノベーションはどうやって起こすのか
4-7 ランチェスター戦略で自社の事業を総合評価する

CHAPTER05 シェアアップの実務体系
5-1 流通戦略、地域戦略は「勝てそうかどうか」で決める
5-2 顧客は拡販余地で見わける
5-3 ランチェスター式ABC分析のやり方
5-4 構造シェアを把握してシェアアップ戦略をつくる
5-5 顧客別戦略シート
5-6 新規開拓や案件型セールスを強化する方法
5-7 兵力数が2乗になるチームをつくる